SBI新生銀行

マーケット情報

為替・指数

  • 米ドル/円2024/6/25 10:33

    159.47

    -0.11

    (3ヵ月)

  • 豪ドル/円2024/6/25 10:33

    106.07

    -0.13

    (3ヵ月)

  • 日経平均(円)2024/6/25 10:19

    38,830.02

    25.37

    (3ヵ月)

  • NYダウ(ドル)2024/6/24

    39,411.21

    260.88

    (3ヵ月)

最新ニュース

  • 国内株式 2024/6/25 09:30 <NQN>◇東証寄り付き 日経平均、続伸 米ダウ上昇が支え 輸出関連に買い
    <NQN>◇東証寄り付き 日経平均、続伸 米ダウ上昇が支え 輸出関連に買い
     25日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸して始まり、前日に比べ90円ほど高い3万8800円台後半で推移している。24日の米株式市場でダウ工業株30種平均が上昇した流れを受け、東京市場でも買いが先行している。上げ幅は一時100円を超えた。ただ、米ハイテク株の下落が目立ったことが投資家心理の重荷になっており、上値を追う動きは限られている。

     前日の米市場では相対的に出遅れ感のあった景気敏感株やディフェンシブ株に買いが入り、ダウ平均は5日続伸し1カ月ぶりの高値となった。東京市場でも主力の輸出関連など景気敏感株の一角が高い。外国為替市場で円相場が円安・ドル高基調で推移していることも支えになっている。

     一方、ハイテク株比率が高い米ナスダック総合株価指数は前週末比1.08%安。米半導体大手のエヌビディアが大幅安となるなど、人工知能(AI)期待で上昇してきた半導体関連株の下落が目立ち、東京市場の東エレクなどに売りが出ている。

     東証株価指数(TOPIX)は続伸している。

     菱地所や三井不、IHIが上昇している。一方、太陽誘電や村田製、アルプスアルが下落している。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕
  • 為替 2024/6/25 08:52 <NQN>◇外為8時30分 円相場、159円台後半 前日夕から横ばい
    <NQN>◇外為8時30分 円相場、159円台後半 前日夕から横ばい
     25日早朝の東京外国為替市場で円相場は小幅な動きとなっている。8時30分時点は1ドル=159円68~69銭と前日17時時点から横ばいだった。日本政府・日銀による円買い為替介入への警戒感が高まりつつあり、神経質な動きとなっている。

     日本時間24日夜には短時間で円が50銭程度、急伸する場面があった。円相場が節目の160円に近づき、日本の当局による介入に先回りしようとした買いなどが入ったとみられる。もっとも、日米間の金利差が一定程度、開いたままの状態が続くとの見方も根強く、円売り・ドル買いも入って前日夕の水準まで押し戻されている。

     米シカゴ連銀のグールズビー総裁は24日、米CNBCの番組で、米国のインフレ鈍化が今後確認できれば「これまでと同程度の金融引き締めを続けるべきかを問わざるを得なくなる」と述べた。米連邦準備理事会(FRB)が9月に利下げに動くとの見方は、米長期金利の低下を通じ円買い・ドル売りを誘っている。

      円は対ユーロでは下落している。8時30分時点は1ユーロ=171円36~38銭と、同30銭の円安・ユーロ高だった。24日にドイツやフランスで株式相場が上昇し、投資家のリスク選好が高まってユーロが買われた。ユーロは対ドルで上昇している。8時30分時点は1ユーロ=1.0731~32ドルと同0.0019ドルのユーロ高・ドル安だった。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕


  • 米国株式 2024/6/25 08:56 <IGM>米国株式 ダウ1ヶ月ぶり高値 ディフェンシブがしっかり
    <IGM>米国株式 ダウ1ヶ月ぶり高値 ディフェンシブがしっかり
    24日の米国株式市場はダウが5日続伸し、前日比260.88ドル高(+0.67%)の39411.21ドルで終了。5月22日以来ほぼ1ヶ月ぶり高値を記録した。全30銘柄中、上昇は22、下落は8。ハイテク株が利益確定売りに押される一方、出遅れ株を物色する動きが強まり、製薬アムジェン(+3.24%)や通信ベライゾン(+2.31%)など、景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ銘柄や金融ゴールマン・サックス(+2.65%)、石油シェブロン(+2.60%)が買われた。顧客情報管理セールスフォース(-2.09%)やアマゾン(-1.86%)は下げた。
    ナスダックは3日続落し、同192.54ポイント安(-1.09%)の17496.81。画像処理半導体エヌビディア(-6.68%)が下げを主導した。
    S&P500も3日続落し、同16.75ポイント安(-0.30%)の5447.87。エネルギー、公益など9業種が上昇、IT、一般消費財が下落。 
    (経済指標)                                  (発表値)
     なし

    [インフォーマ ファイナンシャル インテリジェンス]              
  • 欧州株式 2024/6/25 07:56 <IGM>欧州株式 反発 FREXITの可能性低下を好感 英国は3銘柄入れ替え
    <IGM>欧州株式 反発 FREXITの可能性低下を好感 英国は3銘柄入れ替え
    24日の欧州株式市場は反発した。今月末の仏総選挙で優勢が伝えられている極右政党がEUの財政規律を尊重する必要性を指摘し、FREXIT(仏のEU離脱)の可能性の低下を意識する買いが入った。
    英FTSE100は反発し、前営業日比43.83ポイント(0.53%)高の8281.55で引けた。金融株の堅調が目立った。100銘柄中、上昇は77銘柄、下落は19銘柄、4銘柄は変わらずであった。保険プルデンシャル(+7.33%)は20億ドル規模の自社株買いを行うと発表し、スポーツ用品フレーザー・グループ(+3.85%)は電子商取引グループTHGとの事業提携を発表した。高級ブランドのバーバリー・グループ(+3.35%)、前日下落率トップの鉱業アントファガスタ(+3.06%)、JDスポーツファッション(+3.05%)も急伸した。一方、住建バークリー・グループ・ホールディングス(-2.07%)、ソフトウェアのセージ・グループ(-1.34%)、電気・ガスのナショナル・グリッド(-1.11%)は軟調。なお、不動産ロンドンメトリック・プロパティ(+0.67%)、住建ビストリー・グループ(+0.59%)、サイバーセキュリティーのダークトレース(0.00%)の3銘柄がFTSE100に加わった。
    独DAX40も反発し、同162.06ポイント(0.89%)高の18325.58で引けた。一部のハイテク株などを除く9割強の銘柄が上げた。40銘柄中、上昇は37銘柄、下落は3銘柄であった。前日上昇率トップの素材コベストロ(+5.11%)と同下落率トップの発送電技術シーメンス・エナジー(+4.02%)が揃って急伸し、自動車BMW(+2.73%)、前日下落率3位のドイツ銀行(+2.64%)、医療機器ザルトリウス(+2.55%)、医薬品バイエル(+2.52%)も大幅高。下落したのは、モルガンスタンレーが投資判断/目標株価を引き下げたオンライン衣料販売ザランド(-3.86%)、ソフトウェアSAP(-0.88%)、電力エーオン(-0.08%)のみ。
    仏CAC40も反発し、同78.32ポイント(1.03%)高の7706.89で引けた。銀行株を中心に9割の銘柄が上げた。40銘柄中、上昇は36柄、下落は3銘柄、1銘柄は変わらずであった。BNPパリバ(+3.27%)、ソシエテ・ジェネラル(+2.06%)、クレディ・アグリコル(+2.00%)の銀行株は全面高となり、医薬品サノフィ(+3.13%)、バウチャー発行サービスのエデンレッド(+2.55%)、広告ピュブリシス(+2.06%)も急伸した。一方、ビジネスサポートサービスのユーロフィン・サイエンティフィック(-16.15%)は、空売りファンドのマディ・ウォーターズが財務の不透明さを指摘したため、2020年4月以来の水準に暴落した。前日下落率3位のビジネス・プロセス・アウトソーシングのテレパフォーマンス(-0.60%)、半導体STマイクロエレクトロニクス(-0.45%)を含む3銘柄のみが下落した。
    (経済指標)                             (発表値)
    独6月IFO企業景況感指数                    88.6(5月は89.3)

    [インフォーマ  ファイナンシャル  インテリジェンス]

重要指標カレンダー

2024年6月23日 〜 2024年6月29日
日本時間 重要度 国・地域/指標 前回 予想 結果
2024年6月26日(水)
23:00 星 新築住宅販売件数 年率換算件数 63.4万件 65.0万件
23:00 星 新築住宅販売件数 前月比 -4.7% 2.5%
2024年6月27日(木)
21:30 星 四半期実質国内総生産(GDP、確定値) 前期比年率 1.3% 1.4%
2024年6月28日(金)
15:00 星 四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 0.6% 0.6%
15:00 星 四半期国内総生産(GDP、改定値) 前年同期比 0.2% 0.2%
21:30 星 月次国内総生産(GDP) 前月比 0.0% 0.3%
21:30 星 月次国内総生産(GDP) 前年同月比 0.6% 1.0%
21:30 星 個人消費支出(PCEデフレーター) 前年同月比 2.7% 2.6%
21:30 星 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) 前月比 0.2% 0.1%
21:30 星 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) 前年同月比 2.8% 2.6%

※日経平均・TOPIX・日経JASDAQについては最低20分遅れの情報となります。9時~9時20分までは前営業日の終値が表示されます。

※香港ハンセン指数・香港ハンセンH株指数・香港ハンセンレッドチップ指数については1時間ごとの更新となります。

※その他の海外株式指数、商品指数、国債利回りは各銘柄の更新日時時点の終値です。1日1回更新されます。

情報提供: 株式会社QUICK 本コンテンツに関する利用に関する注意事項・免責事項はこちらをご覧ください。